2014年11月14日金曜日

「河口浅間まちづくりの会」が美しい県土づくり大賞を受賞しました!

 平成21年度から5年間にわたり、当社がまちづくり活動のコンサルテーションをさせていただいた「河口浅間まちづくりの会」が、山梨県美しい県土づくり大賞を受賞しました。
 会の設立当初から、地域の景観まちづくりについて一緒に考え、悩み、また時には活動を共にしてきた皆さんが、山梨県からも評価されたことに、コンサルタントとしても大変大きな喜びを感じました。
 平成261110日に開催された「第4回美しい県土づくり推進大会」の場で授賞式があり、県知事から「河口浅間まちづくりの会」に賞状が授与されました。その後、会長により活動報告のプレゼンテーションが行われました。
 当日は、雲ひとつない秋晴れに恵まれましたが、その日の空と同様に、会の皆さんの晴れやかな顔が印象的でした。

八代ふるさと公園 竣工式

 平成26年3月13日、当社で計画・設計をした八代ふるさと公園が完成し、竣工式が行われました。
 八代ふるさと公園の計画・設計は、“古墳等の文化財を保全しつつ、既往の桜と眺望を生かし、通年利用に資する独創的な遊具をつくる“という設計テーマに取り組んだプロジェクトでした。その設計成果が評価され、当社も表彰の栄誉を受けました。
 式典の後は、地元の小学生と一緒に記念の花植えを行い、皆で公園の完成を祝いました。
 










 建設コスト・維持管理コストをともに抑えながらも、通年利用できる遊具として、幅のひろい大きな滑り台を設計しました。自然地形をそのまま生かした大きな滑り台は、今では公園の人気施設となっており、子供たちの歓声が絶えません。
 










 ちなみに、平成26年6月23日の山梨日日新聞の「山日文芸 月間詩壇」に、こんな詩が掲載されていました。
 詩を読み終えて、当社で設計した「場」や「空間」が地域の暮らしに生かされていることが瑞々しく実感でき、スタッフ一同、このプロジェクトに携われたことの喜びを噛みしめるとともに、仕事の責任感、使命感をあらためて心に刻みました。


初狩憩いの公園サッカー場 完成記念式典

  平成251026日、当社で設計をした初狩憩いの公園サッカー場が完成し、完成記念式典が行われました。
 当日は、あいにくの雨天のため、式典とテープカットは屋内での開催となりましたが、当社も設計会社として表彰され、テープカットに参列させていただきました。
 様々な厳しい 条件の中での設計であったため、細やかな工夫の積み重ねが結実した現場を見て、感慨を新たにするとともに、関係者の皆さんと喜びを分かち合いました。
 式典の後は、ヴァンフォーレ甲府の指導者のもとで少年サッカー教室が行われ、子供たちの歓声が、周囲の山にこだましていました。



2014年11月6日木曜日

都留市・佐伯橋における橋梁現地見学会


  平成261024日に、山梨県道路メンテナンス会議が主催する「都留市・佐伯橋における橋梁現地見学会」が開催されました。当日は、国土交通省甲府河川国道事務所副所長や都留市長をはじめ、山梨県道路メンテナンス会議のメンバー、さらに谷村工業高校生など、総勢90人の参加となりました。
 佐伯橋は、当社が点検、補修・補強の設計を行った橋梁であるため、見学会では、老朽化の現状や佐伯橋の概要、補修方法の説明を担当しました。また、模擬点検では、参加者に桁下の足場に降りてもらい点検ハンマーやクラックスケールを実際に使って点検作業を体験してもらいました。実際に点検作業を経験することで、主な損傷や点検の方法を知り、その難しさについて実感していただけたと思います。
 また、今回の見学会では、管理者だけでなく、高校生にも老朽化の問題を知ってもらい身近な問題として考えてもらう良い機会になったと思います。

点検結果と補修方法について説明

 
老朽化問題と佐伯橋の概要
について説明
 





   
鋼部材の腐食について説明
床版の損傷状況と点検方法の解説
 
 
 
 当日の「都留市・佐伯橋における橋梁現地見学会」の様子は、翌日の山梨日日新聞においても報じられました。


 
山梨日日新聞 2014年10月25日(土)
 
 



2014年10月30日木曜日

橋梁点検についての勉強会

 平成26年9月9日に山梨県峡東建設事務所の道路管理者および河川管理者を対象に、橋梁点検についての勉強会を実施しました。当日は、30人あまりの職員の方が参加され、熱心に聞いていただきました。
 勉強会は、日常点検および定期点検についての知識を深めることを目的に開催し、まずはじめに、峡東建設事務所内において、橋梁点検の方法や着目点について説明を行いました。続いて、点検を行った清水橋に移動し、実際に橋梁を見ながら、具体的な損傷状況、原因、今後の対策等について説明を行いました。実際の状況を見ながら解説することで、管理者の方々にも具体的に理解して頂けたことと思います。
  橋梁の長期的な維持管理を行っていく上で、橋梁点検は重要な位置付けにあります。このような機会に管理者の方々と知識や経験を共有できたことで、私たち技術者にとっても有意義な勉強会となりました。 


管内にある清水橋で実際
の状況について説明

峡東建設事務所で点検の方法や
着目点について説明



伸縮装置の損傷について解説
桁の損傷状況について解説
 




2013年12月5日木曜日

東日本大震災 震災調査社内報告会兼反省会の実施

 当社で実施した東日本大震災震の震災調査の活動の締めくくりとして、社内報告会兼反省会を実施しました。

 震災調査は4月下旬から5月中旬にかけて3班編成で実施し、各班ごとに調査結果報告をまとめました。さらに、今回の活動をホームページ等で公開し、広く皆さんに知っていただくために、各班の調査結果報告をもとに、概要を簡潔にわかりやすくとりまとめた「震災調査報告(ダイジェスト版)」を作成しました。社内報告会では、報告書及びダイジェスト版の内容について報告が行われました。

 続いて、今回の震災調査の総括として反省会を実施しました。反省会では「自然の力の大きさ」「人間の無力さ」といった自然観に関わる大きなテーマから、「施設設計の際の『想定』の問題」「防災上のハード対策とソフト対策」「情報公開の伝達のあり方」といった業務に結びつく問題、さらに「災害時の社内の対応マニュアルが必要」といった具体的な意見まで、幅広い意見が発表されました。発表された意見は、その場でKJ法を用いて整理し、参加者全員で共有しました。

 今回の震災調査を通して、参加者全員が様々なことを感じ、多くのことを学びました。感じたこと、学んだことを心に刻み、今後の各自の取り組みに活かしていくことを確認し、今回の震災調査の締めくくりとしました。

「震災調査報告(ダイジェスト版)」を下記に公開します。

 東日本大震災 震災調査報告(ダイジェスト版) A4版PDF




報告会および反省会の状況

報告会および反省会の状況
 

KJ法による各自意見のまとめ

震災についての意見交換
(震災調査の総括)


東日本大震災への取り組み

東日本大震災により被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。




宮城県東松島市 東名駅周辺
(4/27 撮影)

岩手県 宮古市街
(5/17 撮影)
  

岩手県陸前高田市 気仙大橋
(5/11 撮影)

宮城県仙台市 仙台港コンテナターミナル
(5/12 撮影)

当社では、社会資本整備に携わる者として、
「自然の脅威を身をもって知ること」 を目的に震災後の調査を行いました。

調査日程 : 4/25~27、5/10~12、5/16~18
調査メンバー : 全社員
調査場所
(1班) 七ヶ浜町、塩竃市、東松島市、石巻市、女川町、雄勝町、北上町
(2班) 陸前高田市、大船渡市、気仙沼市、南三陸町、仙台空港、仙台港
(3班) 宮古市、山田町、大槌町、釜石市、大船渡市、仙台市、名取市、岩沼市、亘理町

調査結果の詳細については、後日公開予定です。