2014年11月6日木曜日

都留市・佐伯橋における橋梁現地見学会


  平成261024日に、山梨県道路メンテナンス会議が主催する「都留市・佐伯橋における橋梁現地見学会」が開催されました。当日は、国土交通省甲府河川国道事務所副所長や都留市長をはじめ、山梨県道路メンテナンス会議のメンバー、さらに谷村工業高校生など、総勢90人の参加となりました。
 佐伯橋は、当社が点検、補修・補強の設計を行った橋梁であるため、見学会では、老朽化の現状や佐伯橋の概要、補修方法の説明を担当しました。また、模擬点検では、参加者に桁下の足場に降りてもらい点検ハンマーやクラックスケールを実際に使って点検作業を体験してもらいました。実際に点検作業を経験することで、主な損傷や点検の方法を知り、その難しさについて実感していただけたと思います。
 また、今回の見学会では、管理者だけでなく、高校生にも老朽化の問題を知ってもらい身近な問題として考えてもらう良い機会になったと思います。

点検結果と補修方法について説明

 
老朽化問題と佐伯橋の概要
について説明
 





   
鋼部材の腐食について説明
床版の損傷状況と点検方法の解説
 
 
 
 当日の「都留市・佐伯橋における橋梁現地見学会」の様子は、翌日の山梨日日新聞においても報じられました。


 
山梨日日新聞 2014年10月25日(土)