2014年11月14日金曜日

八代ふるさと公園 竣工式

 平成26年3月13日、当社で計画・設計をした八代ふるさと公園が完成し、竣工式が行われました。
 八代ふるさと公園の計画・設計は、“古墳等の文化財を保全しつつ、既往の桜と眺望を生かし、通年利用に資する独創的な遊具をつくる“という設計テーマに取り組んだプロジェクトでした。その設計成果が評価され、当社も表彰の栄誉を受けました。
 式典の後は、地元の小学生と一緒に記念の花植えを行い、皆で公園の完成を祝いました。
 










 建設コスト・維持管理コストをともに抑えながらも、通年利用できる遊具として、幅のひろい大きな滑り台を設計しました。自然地形をそのまま生かした大きな滑り台は、今では公園の人気施設となっており、子供たちの歓声が絶えません。
 










 ちなみに、平成26年6月23日の山梨日日新聞の「山日文芸 月間詩壇」に、こんな詩が掲載されていました。
 詩を読み終えて、当社で設計した「場」や「空間」が地域の暮らしに生かされていることが瑞々しく実感でき、スタッフ一同、このプロジェクトに携われたことの喜びを噛みしめるとともに、仕事の責任感、使命感をあらためて心に刻みました。